2009年07月14日

コミケ76とコミティア89 サークル配置

c76cutweb

 
●コミケ76(東京ビッグサイト)
8月16日(日) 西2ホール さ−17a「まるほ企画」

●コミティア89(東京ビッグサイト)
8月23日(日) 西1ホール  ら-02a「まるほ企画」

となりました。

7月の仕事が予想を大きく超える状況となり、まだしばらく時間が取れない状態で
今回も新しい何かを作れるかはかなり不透明な状況です…orz 

サークルカット記載の「テアトル8 vol3」は以前作業上の障害が多い状態で、
これはほぼ確実に今回も出せない事となってしまいそうです(土下座)。

何か作れそうでしたら改めて告知を書き込みます。

posted by 田川滋 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(同人)

2009年07月05日

子どものニュースウイークリー〈2009年版〉(中央公論新社)

http://www.amazon.co.jp/dp/4120040054

ちょっと前に出た本ですが、読売新聞土曜夕刊「子どものニュースウィークリー」の
2009年分をまとめた本です。

自分の担当したイラストも6点ほど載って居ります。

posted by 田川滋 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年07月03日

関西コミティア34に参加しました(5/24)

これも一ヶ月以上前の蔵出し日記です。

一度アップしたエントリの画像がエラー状態だったため、削除して書き直していますm(__)m。

−−−−−−−−−

もう3回目の参加となりましたが、相変わらず新刊が作れませんでした…

朝、ホテルをチェックアウトして、とりあえずそばの公園で一服。 20090523_24-428

スタバにて、助っ人をお願いしていたアシタモさんと無事合流。
漫研時代の後輩にして日本有数のアルのオーソリティー、アルミン氏は
「明日からの学校再開を前にしての父兄説明会」が急遽有るとの事で後から参加に。

今にして思えばインフルエンザ騒動真っ最中… 

大阪では、効果も疑わしいマスクはいいかげん限界と言う感じで
付けている人がだいぶ減り始めていた様ですが。
ただイベント主催側としては、参加者は感染しやすいとされる若い人も多いですし
万一このイベントに参加した後で感染…なんて人が出るといろいろ大変でしょうから
この騒動の渦中に参加されている事を自覚して、衛生管理に努めて下さい…
と言う感じでしたね。
入口には除菌スプレーの類もしっかり用意されていました。
後からネットで検索すると、関西コミティアに行きたかったけれど
休校中の自宅待機を守って諦めた…と言う真面目な学生さんも。偉い。 20090523_24-446

自分も一応、マスクと手拭き用のアルコール綿を使用して頒布。
本のそばでしゃべると唾が飛ぶでしょうし、飛沫感染の可能性を考えると
売る側はマスクと手の消毒を心がけるに越した事はないでしょうね、こう言う場合。 20090523_24-442

しかし参加サークル数は400募集で540応募、落選なしと増加しており
見本誌スペースを縮小するなどして全体に密度が上がっていました。
入場者も今までより多い感じで、これまで3回参加した中で一番賑やかでしたね〜。
コミケや東京コミティアで見かける有名サークルさんもいくつか参加されていたり
東京コミティアの委託本から人気のものを持ってきたコーナーがあったり。
(ここで竹熊健太郎氏の”マヴォ”をやっと買えました)

自分のスペースの売り上げはまあ、新刊無しとしてはぼちぼちでしょうか(^^;。
ゼロでなくて良かったです(笑。人が増えたおかげでしょうね。
あ、アシタモさんの委託本を1冊貰うのを忘れていた…(^^;
次の機会にでも…
今回アシタモさんも参加していた、"山坂書房"さんの「土地」。 関西コミティア34購入誌04
乱暴に括ってしまうとガロ〜アックス系と言う事になるんでしょうか、
しかしどの作品もしみじみ面白くてハイレベルですね。
作者の住む「土地」に根ざした内容や、土地の言葉の持つ力、でしょうか…
アシタモさんのページなら大丈夫でしょうか、と言う事で中のページをちょっと。 関西コミティア34購入誌03
「ロシュフォールの恋人たち」入ってますね〜。
山坂書房さんには差し入れも頂きました、有難うございます。美味しゅうございました。 20090523_24-441

今回関西コミティア初出展と言う青木俊直さん「ゆるゆるブックス」の本、 関西コミティア34購入誌02
「絶版少年」さんの冬コミ新刊など買わせて頂きました。

また、通りがかりに見かけて購入した、おざわゆきさんの「凍りの掌」には感嘆しました。
作者さんの実父のシベリア抑留経験を聞き取って漫画にしたものだそうで
大変な力作ですね。
全3巻で完結予定だそうですので、是非完成を期待したいです。

アシタモさんが居ると思うと 、つい喫煙で中座が多くなって…。 20090523_24-448

午後にはアルミン氏・マイミクはぎやんさんも来場、
はぎやんさんから色々お土産も頂いて 
15時30分に無事イベント終了。

帰りのバスが大阪駅桜橋口から出るのは23:30、まだまだ有ります。
とりあえず東梅田に移動して地下街にてとんかつ。と言うかこれはミックス定食。20090523_24-451
アルミン氏の太っ腹に感謝…m(__)m
アルミン氏、「トレス台」について野望の一端を披瀝。

アルミン氏と別れ、はぎやんさんの先導で漫画専門書店に。
最近はビニール包装で立ち読み出来ない代わりに
「お試し用小冊子」を付けているものがあるんですね
(あまりに書店に行かないもので始めて知った^^;)。
もちろん一部の本だけですが、これが有るだけでもだいぶ違いますね。

ダンジョンとも言われる梅田の地下街、
喫茶店「英國屋」があちこちにあるんですね。
従来の喫茶店風からドトール風まで、スタイルも様々。
方向を見失わないようにと英國屋を目印にするとえらい目に合いそうです(^^;。
結局、コーヒーのお代わり出来る英國屋で
はぎやんさん・アシタモさんに延々ダベりに付き合っていただく形に。
4時間くらい喋ってましたかね。
学生時代みたいでしたホント(^^;。有難うございました。

英國屋の閉店時間(22:30)となり、店を出て御二人と御別れ。
まだ時間をつぶすために、ヘップファイブ近辺のファーストキッチン
(AM2:00まで)の位置は調べていたが
前回の教訓でバス乗車時用にジャージを持参していた事を思い出し
(これは次回も忘れない様にしたいところ…)
今から履き替えようとトイレを探す。
喫茶店での座り続けが思いのほか老化した体に響いたのか
節々もちょっと痛く、バス乗り場への距離も結構有りそうなので
ファーストキッチンへの立ち寄りはやめて直接桜橋口の乗り場へ。 20090523_24-453B
今回はインフルエンザリスクを減らす期待もあって
JR「プレミアムドリーム号」の「プレミアムシート」(1階に4席分)を張り込みました。
ほぼ1万円弱なんですが、4列シートの青春ドリーム号から3列のドリーム号に 20090523_24-454
格上げしただけで、5000円がいきなり8000円以上になるので
もうそれならいっそと言う事で(^^;。
しかし3日前で残り1席、早めの予約は必要そうですね。
足を伸ばすスペースもあって、やはり居住性は段違いですねえ。20090523_24-456
地デジはチャンネルが近畿地方に合わせてあるみたいで
近畿を離れるとなんだか意味不明でしたが(^^;。
席間の距離は結構有るとは言え、出発後しばらくして全面消灯になると
ちょっとテレビ点けているのもはばかられる感じで。
一階の席なので、二階よりもやや振動がダイレクトに来る…様な気もしますが
やはり姿勢を楽に出来るのは良いですね。
特に体の大きい人にはメリットの多い席なんじゃないでしょうか。


トイレ付き車両は途中休憩一回。唯一の喫煙チャンス…(土山SA)。 20090523_24-463 20090523_24-476
夜が明け、無事東京駅に到着。 20090523_24-536

 

 

 

 

 

20090523_24-546

 

 

 

 

 

 

 

東京に戻っていきなりうどん(^^;。 20090523_24-555

 

 

 

 

 

良いんですうどんなら何でも。

椅子がたたまれても意味無し?早朝の山手線。 20090523_24-557
次回の10月には、何とか新刊を持参したいところです…。

posted by 田川滋 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(同人)

自主制作アニメ「窓」(確か1981年頃…)

制作: 制作集団炎天下
制作協力: 明大シネマ研究会/明大漫画研究会 各有志

自分も学生時代にちょっと参加して居りました。
…と言うか、あれこれ口出した割りに全然結果が伴ってなくて
その節はホントに済みませんでした(^^;。

自分が描いたカットを見ると今も赤面します…


posted by 田川滋 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(同人)

保険のひみつ(学研・まんがでよくわかるシリーズ)発刊

hokennohimitsu1

先月、ようやく本が出来上がり発刊されました。
これまでの「銀行のひみつ」等と同じく、書店には並ばない本ですが(^^;
図書館にはそれなりに置かれるかと思いますので、宜しくお願い致しますm(__)m。

 
↓ニッセイのプレスリリースPDF(表紙と目次の画像があります)
http://www.nissay.co.jp/okofficial/news/2009/20090608.pdf

「保険の歴史」部分(10ページ弱ですが)では時間が切迫して
漫研同期の渡辺氏にペン入れの助っ人をお願いしたりしましたが
この部分の展開は、濃いアニメファンの方には有名(?)な
保険協会の広報アニメ「たすけあいの歴史」(杉井ギサブロー監督)と
ちょっと似ているかも知れません(^^;。
http://www.jili.or.jp/school/book/tasukeai.html
(アニメの画像を図版に使った冊子のPDFが見られます)
http://www.jili.or.jp/school/book/tasukeai_video.html
(1分程度の予告動画)

要するに「生命保険の歴史」を簡単にまとめた略史と言うのは
現状ほぼこのストーリーしか無い、と言う事の様です。

見る機会が限られのはもったいない傑作だと思いますので
一般向けソフト化など、何とかならないものでしょうかね〜。

posted by 田川滋 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

杉浦茂101年祭(京都国際マンガミュージアム)へ−5月23日

既に1か月前ですが、京都国際マンガミュージアム「杉浦茂101年祭」へ。
ご縁あって「トリビュートイラスト」の企画に参加させて頂いてました。


準備が遅れたので高速バスをキャンセルして
23日午前の新幹線に。予算1万円アップorz。

喫煙ルーム付きの「のぞみ」。予約時に「喫煙ルーム付近」指定が可能。
ルーム…と言うか本当に喫煙のみするためのスペースで
灰皿部分上の出っ張りも斜めになっていて、飲み物なんかは置けませんね(^^;。 20090523_24-021

京都駅着どす。 20090523_24-039

 

 

 

 

 

 

京都市営地下鉄で烏丸御池駅へ。 20090523_24-183

 

 

 

 

 

 

地上に出る。京都に来たのは確か中学の修学旅行以来。 20090523_24-077

おおいかにも京都だ。 20090523_24-081

 

 

 

 

 

 

数100m歩いてから方向を90度間違っていた事に気付く。 20090523_24-091

ようやくミュージアム到着。既に午後2時頃。20090523_24-104

 

 

 

 

 

 

元は「龍池小学校」の校舎だった建物だそうです。登録有形文化財。 20090523_24-105 

メビウス展、常設展示など色々やっていましたがそのへんは撮影不可。
地下の所蔵庫はガラス張りで外から見られる様になっていて
「ジャパンパンチ」など、明治ポンチ絵や大正・戦前期の漫画雑誌の展示も。

エレベーターで会場の2階へ。 20090523_24-138

 

 

 

 

 

 

 

 

101年祭入口。 20090523_24-137

 

 

 

 

 

 

 

 

入口で、自分のイラストだけ撮影できないかと尋ねてみると
ご親切に便宜を図って下さいました。有難うございました。
そんなわけでイラスト撮影に成功。 20090523_24-109

 

 

 

 

 

 

 

周りは全然撮っていないので、なんだか臨場感の無い写真ですが。

 

知人のうおりゃー大橋さん、アシタモさんのトリビュートイラスト。20090523_24-111 20090523_24-110

 

更に撮影してい頂いて顔ハメ記念撮影も(^^;。 20090523_24-127

 

 

 

 

 

 

 

20090523_24-130

 

 

 

 

 

 

撮影OKコーナー。 20090523_24-133

 

 

 

 

 

 

 

 

展示内容についてもいろいろ解説を頂きました。
見るとみんな小ささに驚く生原稿は、当時の別冊付録のサイズの1.2倍ほどだそうです。

様々な貴重な展示物は大変見応えありましたが
152人分になったトリビュートイラストも、それだけでもいくら見ていても飽きないですねえ。

 

ミュージアムに隣接するカフェ。
杉浦茂展に絡めた「ふしぎだんごセット」は既に売り切れでしたorz。 20090523_24-143 20090523_24-144 20090523_24-145

再入場出来るとの事で、ちょっと外に出て一服。
(実は特別展の杉浦祭は再入場の対象じゃなかったんですが^^;)

肉屋とあるけどタバコ屋。でも中で買ったら精肉用のケースや値札もちゃんとあって
時間に依ってちゃんと肉も売っているとの事。20090523_24-147

 

 

 

 

 

 

ミュージアム(元龍池小学校校舎)の裏側。 20090523_24-159

 

 

 

 

 

20090523_24-167

 

 

 

 

 

 

 

スマートなデザインの京都労働局入口。 20090523_24-168

 

 

 

 

 

20090523_24-169

 

 

 

 

 

 

 

終了時間の6時まで粘った後、再度地下鉄で京都駅そばの京都タワーへと向かい
たわわちゃんに遭遇したのでした(^^;。

posted by 田川滋 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)