2009年11月27日

明大漫研55周年記念パーティー(11/23)

明治大学漫画研究会の創立55周年パーティーが
23日午後、明大リバティタワー23Fにて開催されました。
自分は1979年度入学のOBとなります。確か5年で卒業しました(^^;。
DSCF8526 DSCF8527

団塊世代の大OBの方々と現役生で段取りを組んでいて
自分たちの世代はお気楽に行くだけ、でしたが
同期メンバーが10人近く集まって、懐かしゅうございました。

重鎮たる大OB諸氏。
いしかわじゅん先生、かわぐちかいじ先生、少年画報社戸田社長。
ob01

こんな枡まで。しっかり頂いて来ました。
DSCF8541 

明大の施設として開館したばかりの米沢嘉博記念図書館の方も
チラシ配布に見えていました。
故米沢氏の貴重かつ膨大ななコレクション、是非見に行ってみたいですね。
大学OBには特に特典は無い様ですが…(^^;

 DSCF8548

パーティー終了後、「学生時代にやった様に」と
缶ビールを買ってリバティタワー(旧記念館)裏手の錦華公園で飲もうとするものの… DSCF8567 DSCF8571

これは21世紀にはもう立派な迷惑行為(^^;;。20人以上の集団になってましたしね〜。

そそくさとビールを空けて、大人数に1時間早く店をあけてくれたと言う「酔の助」に移動。
DSCF8605

ここは変わってないですね〜。
DSCF8607  DSCF8611

座敷にはビニール袋に靴を入れて自分で持って上がる、と言うのもまるで変わりなく
懐かしさに涙腺が緩みました(こう言うところで…)。
DSCF8610
1次会に引き続き、校歌に加え前フリつき「明大節」も記憶をたどり再現され
皆で放吟、これも迷惑行為スレスレか(^^;。

遠方からの同期生はこれから名古屋へや広島へと帰りの新幹線に。
東京駅まで同行して更に昔話など、再会を約しつつ解散…。

訃報を始めて知った先輩も。やはり年の流れはひしひしと。
次の漫研パーティーは5年後かも知れませんが、
なるべくマメに会う機会は作りたいところですね。
今回の企画運営の皆さんに感謝です。

posted by 田川滋 at 17:55| Comment(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年11月12日

コミティア90(11/15)に谷口敬さん30周年記念本が(す−08a「楽書館」にて)

1332723102_201[1] 

冬コミは12/31 東4ホール ユー13b「まるほ企画」で参加致します。

15日のコミティア90は、
今回は自分が申し込むのをうっかり忘れてしまったのですが(汗
ね−08a「ワンダーワンダー」さんのスペースに
売り子で参加させて頂く予定にして居ります。

自分の本も少し持っていくかも知れませんが、既刊しか有りませんので
わざわざ場所を取らせて頂いて委託で並べるかどうかは…?
機会を頂いて上海旅行などしている内に
仕事の方の日程が急に詰まって来たので
15日までに何かコピー誌…とも言っていられない状況にありますorz。

15日の「ワンダーワンダー」さんのスペースでは
夏コミ新刊で自分も1p解説(?)を書かせて頂いた
山崎浩さんの「スーの世界」その他既刊を頒布予定との事です。
http://d.hatena.ne.jp/fusigifusigi/20091019

また、書くのが遅れてしまいましたが
mixiにてマイミクさせて頂いた
谷口敬さんの漫画家デビュー30周年記念本  「少女づくし」
が数十部ほど、全冊サイン入りで
す−08a「楽書館」にて委託頒布されるとの事です。

マイミクのご縁で先にゲットさせて頂いていました、有難うございましたm(__)m。
DSCF8174 DSCF8177
多分100人を超える少女像が描かれながら、似た様な人物は…一人も見当たりません。
この描き分けにはただ感嘆です。本当の画力の為せる業ですね。

増刷の予定も無いそうですので、くれぐれもお早めに。

当日は「なんで会場に行きながら買って来なかった!」と某先輩などから言われない様に
もう一冊入手を試みてみます(^^;。

また、楽書館のコミティア90新刊『楽書帖 冬風の巻21』にも
「少女づくし2」が掲載されているとの事です。

谷口さんのサイトでの告知はこちらに。
http://mizunotawamure.web.infoseek.co.jp/

posted by 田川滋 at 03:17| Comment(2) | 漫画を読む