2009年12月23日

コミケ77新刊「コンビニコミック作品集 ─歴史編」サンプル

入稿した本の別送り分は既に自宅に届き、編集や製本の事故はなかった様で一安心。
金沢印刷様お世話になりました。
conbini001 conbini002
印刷は…もう良過ぎるくらいですね(^^;。
3年前の本「なにそれワイド」の時も、FMスクリーニング印刷で
グレースケールのデータ原稿が実に綺麗に出るのに感動したものでしたが
今や輪をかけてなめらか、もうデータそのままで原稿のアラが晒しものに(笑。
conbini003
「FMスクリーンにしない」と言う指定も出来る様なので
場合に依ってはそちらを試してみるのも良いのかも知れません。

仕事では、ある程度印刷で荒くなる事を想定して原稿を描くものでしたけど
これだけいい印刷で出る事を前提とするなら
漫画の描き方もちょっと変わるかも知れませんね。

絵にこだわりのある描き手さんにとっては、
そう言うところにも「同人漫画」の価値はあるんだなあと
今更ながら思った次第です。

さて、基本的に営業等のサンプル用にと作ったものの
あまりに冊数が少ないと単価が高くなり過ぎるので
いつもと同じ程度の部数で注文。
…と言う事は、在庫は1冊でも減らしたいので
あがける事はあがいておこう、と…
「pixiv」に入ってみました。

自分のIDはこちらです。
http://www.pixiv.net/member.php?id=1467590

今のところ、新刊の告知のほかは
HPの奥の方で埃をかぶっている古い絵を引っ張り出して
並べてみたりしているだけですが…(^^;

しかしpixiv内のコミケ参加登録サークルを一覧できるマップは実に見やすいし
読む側としてサークルや描き手さんをチェックするのにも
かなり便利なところになっているんですねえ。

また、中身の伝わりにくい本でも有るので
ある程度「立ち読み」できるサンプルも有った方が…と言う事で用意しました。

↓6本の漫画のそれぞれ冒頭数ページを収録したサンプルです。 


picasaウェブアルバムで直接閲覧する場合はこちらへどうぞ。

↓pixivにも漫画形式でアップロードしています(閲覧には無料アカウントが必要です)。


減りますように…ナムナム

本題と言いますか懸案の「テアトル8 vol3」の方も
この調子で来年夏頃にはどうにかできないか…なあと…

posted by 田川滋 at 23:15| Comment(4) | 漫画を描く(同人)

2009年12月12日

コミケ77まるほ企画新刊「コンビニコミック作品集 −歴史編」

なんとか入稿間に合いました。 何かミスってなければいいんですが。

コミックマーケット77 12月31日 東4ホール”ユ”−13b
「まるほ企画」にて新刊となります。
A5、本文128p、頒価は500円から700円の間になりそうです。
コンビニ歴史・表紙表640 コンビニ歴史・表紙ウラ640

この作品集では、コンビニ向け描きおろしアンソロジー漫画本用の原稿から
「歴史」でくくれそうなジャンルの作品をまとめています。
シリアス方面の作品は、営業サンプルになりそうな冊子にまとめたものがなかったので
一冊作っておきたいと言うのが主な目的です(^^;。
  コンビニ歴史目次640b

  久しぶりにオフセットの新刊をスペースに置けそうですが
内容は、数年前に描いたコンビニ向けアンソロジー本用の原稿の内
「歴史もの」6本をまとめたもので、描きおろしはゼロです。 

順序から行けば「テアトル8 vol3」を作らないと、なんですが
相変わらず作業上の障害が多い事と
最近の作品を営業上冊子にまとておきたかったため、
今回はこちらを作ることに。
 
タイトルの付け方も悩みましたが、結局妙案は出ず。
「コンビニコミック」と言う呼び方はウィキペディアの項目にもなっているので
ある程度は認知度が有りそうですが
人によっては何のことだか伝わらなさそうですね…

考えてみると表紙が4色カラーの同人本を作るのは、これが初めてです。
(絵そのものは本編の流用で塗ってませんが…)

またコミケ当日(31日)は、同じ「まるほ企画」スペースにて
谷口敬さんの漫画家デビュー30周年記念本「少女づくし」を
若干数、委託頒布致します。
dukushi
詳細は谷口さんのサイトにてどうぞ。
http://mizunotawamure.web.infoseek.co.jp/

即売会での頒布はこれが最後となるそうですので
お買い逃しなくー。

posted by 田川滋 at 09:43| Comment(0) | 漫画を描く(同人)

2009年12月04日

「どっきり探偵団サツキ組 」シリーズ1 第9話 (5年の科学1989年12月号)

既にHPに置いている89年度(シリーズ1)第1話以外にも
サンプルとして画像を置きたいと思いつつ、スキャンの手間やら
掲載誌に部屋で行方不明のものがあるとか、色々有りまして
手をつけないままになっていました…

休刊を機に思い出して…と言うのもアレですが
新たに追加してみます。とりあえず1年目の第9話(本が近くにあったので^^;)。

現在、右サイドバーの方に
「picasaウェブアルバム」のスライドショーを
サンプル的に貼り付けてみていますが
エントリの方で漫画を読むためのツールとしても使えないか…
と言うテストでもあります。



画面下部にカーソルを持っていくと表示される操作バーの
「→」をクリックして手動でページを送って下さい。

自動連続表示のインターバルを極端に長く(999秒)設定しているので、
自動では切り替わりません。
(自動連続表示自体をさせないと言う設定はどうも見つかりませんでした。
本来が写真の"スライドショー"用ですからね^^;)

picasウエブアルバムのページで直接見る場合はこちらへ。
http://picasaweb.google.co.jp/kakitama2008/5198912?feat=directlink

うーん、もうちょっと漫画を読むのに扱いやすい操作が出来れば
かなり便利そうなんですが。
そのへんもっと良いサービスはないものか。

posted by 田川滋 at 22:55| Comment(1) | 漫画を描く(仕事)

2009年12月03日

学研「学習」「科学」休刊

 
学研:「学習」「科学」の休刊を発表 老舗学習誌
http://mainichi.jp/enta/book/news/20091203mog00m020024000c.html

『学習』『科学』休刊のお知らせ
http://www.gakken.co.jp/news/hd/200912/20091203.html

少子化の流れの中でいずれは、と言う状況だったみたいですが
読む側としても描く側としても思い出多い雑誌だっただけに残念です。
次の何かを生む流れに繋がってくれれば、と思います。

描く側としては1989年-1992年ごろに3年間
「5年の科学」に描かせて頂いた
「どっきり探偵団サツキ組」。もう20年近く前になるんですねえ…

p01-satuki01-1989-W500 satuki91-12-last
(第1話をサンプルとしてHPに載せています)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/8021/tenji_satuki89-01-01.htm

こんなカラーの未来予想マンガも描きました。
(自分で入れたタイトルが100年間違っていたことに今気付く…^^;)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/8021/tenji_4gp1.htm

読む側としては何と言っても、これまた5年の科学に掲載された
真崎・守先生描く飛行機の歴史マンガ「ホモ・ウォラント」(1971年度)。
人間の思いの「熱さ」が伝わって来る作品でした。
ホモ・ウォラント#01表紙(71年4月)mixi用 

今も復刻を待望しています、学研様。

年度の途中で載った読み切り「ロボット計画Z」。
(これは前の年度に小説版が連載されていて、
そのコミカライズにあたるものだと最近知りました)
ロボット計画Z・表紙・mixi用

1970年5月の「4年の科学」。
「レッツ・ゴー ナックル」と言う連載マンガが印象に残っていたのですが
最近現物をオークションで入手して読み返したら
作者が「やすみ哲夫」となっていてびっくり。
294898904_60[1] 294898904_40[2]
これがアニメ演出家のやすみ哲夫さんで、ウィキペディアにある通り
「1954年生まれ」とすると、この時16歳くらいと言う事に…(^^;。
しかしウィキペディアの記述でも、72年頃には商業誌に作品を寄稿とありますし
桑田次郎先生のデビューは13歳だったなんて話も見た気がするので
有り得ない事でもなさそうですが。

同号の裏表紙。
この百科事典は家で買ってくれて、よく読んでました…
294898904_121[1]
「学習」「科学」掲載の漫画や読み物の
長い、しかし埋もれている歴史については
ぜひ学研自ら、まとめてみて欲しいですね。
それがまた次の何かに繋がる様に…

posted by 田川滋 at 19:48| Comment(4) | 漫画を描く(仕事)