2011年05月02日

田川滋のfacebookページを作成しました


「田川滋(TAGAWA Shigeru)-Mangaka(Cartoonist)」
facebookのいわゆる「ファンページ」ですが、
基本的に当人からの情報発信・蓄積を目的に作成しました。
facebookアカウントがなくても閲覧は可能です。
http://www.facebook.com/pages/%E7%94%B0%E5%B7%9D%E6%BB%8BTAGAWA-Shigeru-MangakaCartoonist/212715918747917
facebook-tagawa

このブログとも被る部分もあるので、どの様に使うか試行錯誤中ですが
メンテナンスが出来ていない旧ホームページの代替も含め
作品その他の基本情報や新たな告知を蓄積して
あとから必要な情報を取り出しやすい場に出来れば、と考えております。

今回新たに、「まるほ企画」既刊から
主要な作品の同人誌版表紙画像等を掲載しています。
http://www.facebook.com/media/set/fbx/?set=a.213064315379744.59263.212715918747917

maruho-album

posted by 田川滋 at 16:47| Comment(0) | 漫画を描く(仕事)

2010年08月08日

「牛乳のひみつ」表紙用イラストと全体閲覧可能ページのご案内

またしてもすっかり更新サボッてしまいまして…m(__)m
12405709
スポンサー付き学習漫画「牛乳のひみつ」の表紙用イラストです。
今年春発刊、冬はずっとこれを描いてました。約100枚で全ページがカラー(キツかった…)。
学研「まんがでよくわかるシリーズ」と同じ作りですが、シリーズからは外れた独立した本になっています。
書籍としても全国の図書館・小学校に寄贈されていますが、J-MILK(日本酪農乳業協会)のサイトにて全ページWEB漫画として閲覧出来る様になっています。
http://www.j-milk.jp/gakunyu/shiryo/syoukai/himitu.html
なかなか高スペックなビューワーで、拡大すると原稿データとさほど変わらないくらいの解像度になります(^^;。

posted by 田川滋 at 10:40| Comment(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年12月04日

「どっきり探偵団サツキ組 」シリーズ1 第9話 (5年の科学1989年12月号)

既にHPに置いている89年度(シリーズ1)第1話以外にも
サンプルとして画像を置きたいと思いつつ、スキャンの手間やら
掲載誌に部屋で行方不明のものがあるとか、色々有りまして
手をつけないままになっていました…

休刊を機に思い出して…と言うのもアレですが
新たに追加してみます。とりあえず1年目の第9話(本が近くにあったので^^;)。

現在、右サイドバーの方に
「picasaウェブアルバム」のスライドショーを
サンプル的に貼り付けてみていますが
エントリの方で漫画を読むためのツールとしても使えないか…
と言うテストでもあります。



画面下部にカーソルを持っていくと表示される操作バーの
「→」をクリックして手動でページを送って下さい。

自動連続表示のインターバルを極端に長く(999秒)設定しているので、
自動では切り替わりません。
(自動連続表示自体をさせないと言う設定はどうも見つかりませんでした。
本来が写真の"スライドショー"用ですからね^^;)

picasウエブアルバムのページで直接見る場合はこちらへ。
http://picasaweb.google.co.jp/kakitama2008/5198912?feat=directlink

うーん、もうちょっと漫画を読むのに扱いやすい操作が出来れば
かなり便利そうなんですが。
そのへんもっと良いサービスはないものか。

posted by 田川滋 at 22:55| Comment(1) | 漫画を描く(仕事)

2009年12月03日

学研「学習」「科学」休刊

 
学研:「学習」「科学」の休刊を発表 老舗学習誌
http://mainichi.jp/enta/book/news/20091203mog00m020024000c.html

『学習』『科学』休刊のお知らせ
http://www.gakken.co.jp/news/hd/200912/20091203.html

少子化の流れの中でいずれは、と言う状況だったみたいですが
読む側としても描く側としても思い出多い雑誌だっただけに残念です。
次の何かを生む流れに繋がってくれれば、と思います。

描く側としては1989年-1992年ごろに3年間
「5年の科学」に描かせて頂いた
「どっきり探偵団サツキ組」。もう20年近く前になるんですねえ…

p01-satuki01-1989-W500 satuki91-12-last
(第1話をサンプルとしてHPに載せています)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/8021/tenji_satuki89-01-01.htm

こんなカラーの未来予想マンガも描きました。
(自分で入れたタイトルが100年間違っていたことに今気付く…^^;)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/8021/tenji_4gp1.htm

読む側としては何と言っても、これまた5年の科学に掲載された
真崎・守先生描く飛行機の歴史マンガ「ホモ・ウォラント」(1971年度)。
人間の思いの「熱さ」が伝わって来る作品でした。
ホモ・ウォラント#01表紙(71年4月)mixi用 

今も復刻を待望しています、学研様。

年度の途中で載った読み切り「ロボット計画Z」。
(これは前の年度に小説版が連載されていて、
そのコミカライズにあたるものだと最近知りました)
ロボット計画Z・表紙・mixi用

1970年5月の「4年の科学」。
「レッツ・ゴー ナックル」と言う連載マンガが印象に残っていたのですが
最近現物をオークションで入手して読み返したら
作者が「やすみ哲夫」となっていてびっくり。
294898904_60[1] 294898904_40[2]
これがアニメ演出家のやすみ哲夫さんで、ウィキペディアにある通り
「1954年生まれ」とすると、この時16歳くらいと言う事に…(^^;。
しかしウィキペディアの記述でも、72年頃には商業誌に作品を寄稿とありますし
桑田次郎先生のデビューは13歳だったなんて話も見た気がするので
有り得ない事でもなさそうですが。

同号の裏表紙。
この百科事典は家で買ってくれて、よく読んでました…
294898904_121[1]
「学習」「科学」掲載の漫画や読み物の
長い、しかし埋もれている歴史については
ぜひ学研自ら、まとめてみて欲しいですね。
それがまた次の何かに繋がる様に…

posted by 田川滋 at 19:48| Comment(4) | 漫画を描く(仕事)

2009年11月27日

明大漫研55周年記念パーティー(11/23)

明治大学漫画研究会の創立55周年パーティーが
23日午後、明大リバティタワー23Fにて開催されました。
自分は1979年度入学のOBとなります。確か5年で卒業しました(^^;。
DSCF8526 DSCF8527

団塊世代の大OBの方々と現役生で段取りを組んでいて
自分たちの世代はお気楽に行くだけ、でしたが
同期メンバーが10人近く集まって、懐かしゅうございました。

重鎮たる大OB諸氏。
いしかわじゅん先生、かわぐちかいじ先生、少年画報社戸田社長。
ob01

こんな枡まで。しっかり頂いて来ました。
DSCF8541 

明大の施設として開館したばかりの米沢嘉博記念図書館の方も
チラシ配布に見えていました。
故米沢氏の貴重かつ膨大ななコレクション、是非見に行ってみたいですね。
大学OBには特に特典は無い様ですが…(^^;

 DSCF8548

パーティー終了後、「学生時代にやった様に」と
缶ビールを買ってリバティタワー(旧記念館)裏手の錦華公園で飲もうとするものの… DSCF8567 DSCF8571

これは21世紀にはもう立派な迷惑行為(^^;;。20人以上の集団になってましたしね〜。

そそくさとビールを空けて、大人数に1時間早く店をあけてくれたと言う「酔の助」に移動。
DSCF8605

ここは変わってないですね〜。
DSCF8607  DSCF8611

座敷にはビニール袋に靴を入れて自分で持って上がる、と言うのもまるで変わりなく
懐かしさに涙腺が緩みました(こう言うところで…)。
DSCF8610
1次会に引き続き、校歌に加え前フリつき「明大節」も記憶をたどり再現され
皆で放吟、これも迷惑行為スレスレか(^^;。

遠方からの同期生はこれから名古屋へや広島へと帰りの新幹線に。
東京駅まで同行して更に昔話など、再会を約しつつ解散…。

訃報を始めて知った先輩も。やはり年の流れはひしひしと。
次の漫研パーティーは5年後かも知れませんが、
なるべくマメに会う機会は作りたいところですね。
今回の企画運営の皆さんに感謝です。

posted by 田川滋 at 17:55| Comment(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年08月15日

コンビニコミック「決戦・関ヶ原〜敗軍の義将達」

090615 020

7日発売のコンビニコミック「決戦・関ヶ原〜敗軍の義将達」(日本文芸社)に
「真田昌幸・幸村」と「宇喜多秀家・小西行長」の2本を描いて居ります。
書くのが遅くなってしまったため、
既にコンビニからは殆ど無くなっているかと思いますが…
アマゾンでは↓こちらです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4537156457

真田WEB4 宇喜多小西・WEB2
戦国ものを描くのはほぼ始めてで、いきなり合計60pと
少なからぬ枚数を描かせて頂き、当初の見込みより時間がかかってしまって慌てましたが
何とかかんとか形になりました。

これは本番に至るかは分からないサンプル的な原稿。
090615 013

6月半ばから8月頭頃まで、ほとんどこの辺にかかり切りだったため
コミケに向けての目論見がすべて吹っ飛んでしまいました…orz

「読売子どものニュースウィークリー」も7月に一枚描いております。
"IAEA新事務局長に日本人"
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20090714-OYT8T00667.htm

posted by 田川滋 at 09:29| Comment(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年07月05日

子どものニュースウイークリー〈2009年版〉(中央公論新社)

http://www.amazon.co.jp/dp/4120040054

ちょっと前に出た本ですが、読売新聞土曜夕刊「子どものニュースウィークリー」の
2009年分をまとめた本です。

自分の担当したイラストも6点ほど載って居ります。

posted by 田川滋 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年07月03日

保険のひみつ(学研・まんがでよくわかるシリーズ)発刊

hokennohimitsu1

先月、ようやく本が出来上がり発刊されました。
これまでの「銀行のひみつ」等と同じく、書店には並ばない本ですが(^^;
図書館にはそれなりに置かれるかと思いますので、宜しくお願い致しますm(__)m。

 
↓ニッセイのプレスリリースPDF(表紙と目次の画像があります)
http://www.nissay.co.jp/okofficial/news/2009/20090608.pdf

「保険の歴史」部分(10ページ弱ですが)では時間が切迫して
漫研同期の渡辺氏にペン入れの助っ人をお願いしたりしましたが
この部分の展開は、濃いアニメファンの方には有名(?)な
保険協会の広報アニメ「たすけあいの歴史」(杉井ギサブロー監督)と
ちょっと似ているかも知れません(^^;。
http://www.jili.or.jp/school/book/tasukeai.html
(アニメの画像を図版に使った冊子のPDFが見られます)
http://www.jili.or.jp/school/book/tasukeai_video.html
(1分程度の予告動画)

要するに「生命保険の歴史」を簡単にまとめた略史と言うのは
現状ほぼこのストーリーしか無い、と言う事の様です。

見る機会が限られのはもったいない傑作だと思いますので
一般向けソフト化など、何とかならないものでしょうかね〜。

posted by 田川滋 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

杉浦茂101年祭(京都国際マンガミュージアム)へ−5月23日

既に1か月前ですが、京都国際マンガミュージアム「杉浦茂101年祭」へ。
ご縁あって「トリビュートイラスト」の企画に参加させて頂いてました。


準備が遅れたので高速バスをキャンセルして
23日午前の新幹線に。予算1万円アップorz。

喫煙ルーム付きの「のぞみ」。予約時に「喫煙ルーム付近」指定が可能。
ルーム…と言うか本当に喫煙のみするためのスペースで
灰皿部分上の出っ張りも斜めになっていて、飲み物なんかは置けませんね(^^;。 20090523_24-021

京都駅着どす。 20090523_24-039

 

 

 

 

 

 

京都市営地下鉄で烏丸御池駅へ。 20090523_24-183

 

 

 

 

 

 

地上に出る。京都に来たのは確か中学の修学旅行以来。 20090523_24-077

おおいかにも京都だ。 20090523_24-081

 

 

 

 

 

 

数100m歩いてから方向を90度間違っていた事に気付く。 20090523_24-091

ようやくミュージアム到着。既に午後2時頃。20090523_24-104

 

 

 

 

 

 

元は「龍池小学校」の校舎だった建物だそうです。登録有形文化財。 20090523_24-105 

メビウス展、常設展示など色々やっていましたがそのへんは撮影不可。
地下の所蔵庫はガラス張りで外から見られる様になっていて
「ジャパンパンチ」など、明治ポンチ絵や大正・戦前期の漫画雑誌の展示も。

エレベーターで会場の2階へ。 20090523_24-138

 

 

 

 

 

 

 

 

101年祭入口。 20090523_24-137

 

 

 

 

 

 

 

 

入口で、自分のイラストだけ撮影できないかと尋ねてみると
ご親切に便宜を図って下さいました。有難うございました。
そんなわけでイラスト撮影に成功。 20090523_24-109

 

 

 

 

 

 

 

周りは全然撮っていないので、なんだか臨場感の無い写真ですが。

 

知人のうおりゃー大橋さん、アシタモさんのトリビュートイラスト。20090523_24-111 20090523_24-110

 

更に撮影してい頂いて顔ハメ記念撮影も(^^;。 20090523_24-127

 

 

 

 

 

 

 

20090523_24-130

 

 

 

 

 

 

撮影OKコーナー。 20090523_24-133

 

 

 

 

 

 

 

 

展示内容についてもいろいろ解説を頂きました。
見るとみんな小ささに驚く生原稿は、当時の別冊付録のサイズの1.2倍ほどだそうです。

様々な貴重な展示物は大変見応えありましたが
152人分になったトリビュートイラストも、それだけでもいくら見ていても飽きないですねえ。

 

ミュージアムに隣接するカフェ。
杉浦茂展に絡めた「ふしぎだんごセット」は既に売り切れでしたorz。 20090523_24-143 20090523_24-144 20090523_24-145

再入場出来るとの事で、ちょっと外に出て一服。
(実は特別展の杉浦祭は再入場の対象じゃなかったんですが^^;)

肉屋とあるけどタバコ屋。でも中で買ったら精肉用のケースや値札もちゃんとあって
時間に依ってちゃんと肉も売っているとの事。20090523_24-147

 

 

 

 

 

 

ミュージアム(元龍池小学校校舎)の裏側。 20090523_24-159

 

 

 

 

 

20090523_24-167

 

 

 

 

 

 

 

スマートなデザインの京都労働局入口。 20090523_24-168

 

 

 

 

 

20090523_24-169

 

 

 

 

 

 

 

終了時間の6時まで粘った後、再度地下鉄で京都駅そばの京都タワーへと向かい
たわわちゃんに遭遇したのでした(^^;。

posted by 田川滋 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年05月19日

[格安A3複合機]ブラザーMFC-6490CN

mfc6490cnCompact[1].jpg

mixiのマイミクさん日記にて紹介を拝見して
こんな製品が出ていたのかと驚きました。

A3でFAX+スキャナ+インクジェットプリンタ。
価格は4万円台。

ITmediaの紹介記事
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0902/05/news045.html

価格比較
http://kakaku.com/item/20800511085/?cid=shop_g_1_kaden

スキャナとしての性能もエプソンのA3スキャナに遜色ない感触との事。
A3スキャナ単体はそれだけで10万以上するのが相場ですけど
これなら価格がいきなり半分以下。ちょっと革命ですね。
更にA3のFAX+インクジェットプリンタとしても使用出来ると…。

A3複合機で最小と言いつつ、そこはA3なのでさすがに結構な大きさですが
今部屋に有るA3モノクロレーザープリンタ(LP-7100)より
一回り大きいくらいですね。
プリンタ部分がレーザーだったらその場所に置き換えも出来そうでしたが
そこが個人的には惜しいところです(^^;

漫画を紙に描き続けていて、仕上げだけでもデジタルにしたい人には
A3スキャナが大きな壁になりますけど
これなら十分な性能で価格がいきなり半分以下、
更にFAXやプリンタとまとめてしまう事も可能と
かなりのコストパフォーマンスですねえ。
自分も次の機会には検討してみたいと思います。

反面、複合機は
「一台壊れるとすべての機能が使用不能」になる怖さもありますが…(^^;
posted by 田川滋 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2009年05月09日

「三蔵法師の旅〜砂漠の怪奇をさぐる」(1992年)

講談社KK文庫「シルクロードのひみつ」に載っていた10数Pの漫画
(描いたのは15年以上前)ですが、
スキャンしたものをpicasaにアップロードしてみました。
と言うか以前にアップしていたんですが告知を忘れていました…

三蔵法師の旅 砂漠の怪奇をさぐる (講談社KK文庫「シルクロードのひみつ」所収)


アップするたびに書いててしつこいんですが、
スライドショーモードで見るのが画像が大きくなってお奨めです。

実はこの漫画は原稿が(多分)手元に戻っていなくて
かつ本自体が部屋で行方不明になり(^^;、
ヤフオクでもアマゾンのマーケットプレイスでも一向に見当たらず
自分でも10年以上見返した事が有りませんでした。

先日ふと思い出してアマゾンで再度検索したら
古書が300円台で2冊登録されていたので、早速2冊とも買い占め。
以前はほんとに見かけなかったんですが、
マーケットプレイスにもう日本中の古本が集まりつつあると言う感じなんですかね。
自分の「とわいらいと通信」もいつでも買えるのでびっくりします。

内容的にはシルクロードをさらっと紹介する学習漫画ですが
一度は描いてみたい「悟空もの」でしたから楽しかったですね〜。
セリフの細かい言い回しはちょこちょこ変えられているんですが
元々ネームでどう書いたのか、既に記憶が霞んでいます…。
posted by 田川滋 at 04:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

"輪になって手をつなごう"

保険のひみつ000.jpg

だいたい仕事と称しながらロクな量を描いてないので
この年になっても世の中「初めて描くもの」だらけなわけですが
これも初めてですねえ。しかも俯瞰ですよ。
私の画力を鑑みて勘弁して下さい…

ライターさんが案を出した構図だけの事はあります(^^;
自分だったら思いつく前に無意識下で没ですね(爆。

「スクラム」は野球物なんかで何回か描きましたが
あれも上手くいかないんですよねえ…

腕を短く太くデフォルメしているために、
隣の人の向こう側の肩に手が届かなかったり。

手は大きく、指は太く、関節は少なく描いているので
カメラのシャッターを構えるとか手をつなぐと言ったポーズは
無理が有るんですよねえ。今更ながらですが。。


ついでに、今回の仕事ではサイコロをたくさん描く必要があって
サイコロに「オス」と「メス」が有る事を初めて知りました。
(ウィキペディアなどに出ています)
鏡に映した様に裏返し。
メスが一般的な様ですがオスの商品も無い訳ではないようです。

最初に描いたものがかなり間違っていたのに懲りて
実物を見よう…と思ったら部屋には無く、
ネットにあった展開図で即席の紙製サイコロを作り
見ながら描き直し。
(しかし下描きを紙の裏からやっているので激しく混乱する…)
保険のひみつ001.jpg

今度こそ…と思ったら
「面の位置関係は合ってるけど、2と3の斜めの向き、あと6の縦横が違う」と。

…あれ?

orz



###
漫研大OBでもあるかわぐちかいじ先生が
右腕骨折で休載との事。ご快復お祈り致します。
http://morningmanga.com/news/76

しかし左手で描いてみた絵とは貴重な…(^^;
かなりちゃんとして見えますね。
posted by 田川滋 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年06月25日

読売子どもNW「水着契約異例の見直し」

>「水着契約異例の見直し」
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20080624-OYT8T00268.htm


先週土曜(19日)の読売新聞夕刊掲載分です。

紙面での掲載寸法は横18.5cmと「ええ!良いんですか?」的な大きさで(^^;
入れようと思えばかなり細かく字や絵を入れ込めるはずですが
WEBでの画像はかなり小さくなるので、情報量のギャップが悩ましいところです。
WEBはあくまで「二次利用」と言う位置付けなので
描く方があまり気にする必要は無いのかも知れませんが。
yumiurinw-080619-0.jpg

何となく作業中のモニタをアドエス内蔵カメラで。
yomiurinw-080619.jpg

今も液晶じゃなくてCRT(17インチ)一つだけなんですよね…(^^;
これを机の上に置き、その前にライトボックスを置いて
紙にペン入れしているので、作業空間が実に狭いです。

そう言えば、この「子どものニュースウィークリー」は
一年分が本にまとめられて中央公論新社から出版されています。

>子どものニュースウイークリー-2008年版―親子で読めるニュースのことば-読売新聞社会部
http://www.amazon.co.jp:80/dp/4120039145/

最新の2008年版と2007年版に、自分のイラストが5〜6点ずつ掲載されています。



posted by 田川滋 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年06月17日

[ヤフオク]チョコレートのひみつ

いろいろ仕事中で時間がちょっと。

ちょうど今ヤフオクに、自分が漫画描きました
「チョコレートのひみつ」が出ていますね。
デジタル彩色に移行する少し前で
自分の老眼の進行に気付かずに描いていた(^^;時期でもあり
見返すといろいろ忸怩たる部分も有るのですが、
楽しく読んでくれた感想をいくつか頂けたのが嬉しかった作品でも有ります。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f68993957

で…高いっ(笑)。
まあ非売品で入手しにくいのは確かですが。

描いた当人もあとから自分用に買い足せる訳ではないので
こう言うところで調達したくなりますが
こう言う時、自分のペンネームが「ペンネームじゃない」のを後悔します。
まあシレッと買ってしまえばいいわけですが
実際「作者の方ですか?」と出品者の方に聞かれた事も有りますし(汗。

自分がデビューした頃の明大漫研には
「漫画は名前で描くものじゃない!」と言う雰囲気があった…のかどうか
自分の少し先輩、更にかなり上の代まで遡っても
ペンネームは「本名の全部か一部をかなで開いただけ」
「本名を一字変えただけ」「本名そのまま」と言った例がかなり多く
自分もそれに倣ったわけですが
ネットを通してここまで個人情報が簡単に拡散する時代になるとは
思ってもいませんでした…ねえ。

非売品の「まんがでよくわかるシリーズ」は
本の形をしていてもISBNコードが無く、そのためか
amazonのマーケットプレイスでもリストに上がって来ません。
描いた本人としては予備が欲しいんですけどね〜。

そう言えば「チョコレートのひみつ」では
「コアラのマーチ」のコアラをキャラクターとして出していますが
見ての通り全然似ていません(^^;。
これでOKを頂けたのは助かりました。

他の「アメリカンなファストフード企業」の漫画では
社のキャラクターは出す必要が有るけれど
その画像は社で用意している素材しか使ってはいけないと厳しく決められていて
漫画の中に素材キャラを貼り付けて組み合わせると言う
かなり難しい作業をしなければならなかった例も有る様です。
posted by 田川滋 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年06月08日

「プロジェクトX」漫画版のためのサンプル

「プロジェクトX」のコミカライズが出始めていた頃
その出版社の編集さんとお会いする機会が有ったので
無理とは思うけど一冊描かせて貰えないものかと
勝手に1ページだけ描いてみたサンプル。
やはり無理でした(^^;。
px-gastrocamera.jpg
いつぞやのコミケの新刊落としお詫びペーパーに使ったかと思います。

胃カメラ開発の話は故・吉村昭氏の著書「光る壁画」で取り上げられていますが
「プロX」的物語の枠には収まらない人間模様など興味深く読みました。

小澤さとる先生の「黄色い零戦」のタッチに心酔していたので
ちょっと入っているでしょうか。

機会が有ればこんな感じの漫画も描ければ。
ご注文お待ちして居ります(笑。

原稿を見返すと、フォトショップのデジタル仕上げを試し始めていた頃ですね。
スキャンした線画の「選択範囲の取り方」が分からなかったので、
エアブラシツールで塗った後
ハミ出しを消しゴムツールで消すと言う感じでしたが…

現在のやり方は
まずマグネットツールで線にくっつけて選択範囲を取り、
次にクイックマスクモードで細部をゴリゴリ修正とか。
たいがい線が閉じてないので、バケツツールはほとんど使えません。
posted by 田川滋 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年06月03日

仕事中

我流泥縄でフォトショ仕上げ中。
350dpi、グレースケールのまま、ペン描き原稿用紙をスキャンしたままの大きさで
データ入稿しています。
しかしコンビニ漫画でも製版・印刷が良ければかなり綺麗に出ます。
(出来はその時その時でかなり違いますが)
中間調をきめ細かく出せるならカラー原稿と同じレベルの解像度が有れば良いはず。

もっとも自分の場合、線がすべからく太くてアバウトだから
本人があまり気にならない…と言うのが有りますか。
ps-080603.-small.jpg
フォトショのVerは気にしないで下さい(^^;いろいろと事情が。
posted by 田川滋 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年06月01日

「カスミン」コンペ用サンプル原稿

さるアニメのコミカライズ版コンペのためのサンプル原稿。コンペは落ちました(^^;。
k-sample1.jpg
えーと5年くらい前でしょうか。
k-sample2.jpg
そう言えば当時、放送前に「カスミン」で検索してみても
なかなか農薬の項目しか出て来ませんでしたっけ。
k-sample3.jpg


全体で3ページだけですが
「高解像度・複数ページの漫画をアップするには、
自動で綺麗にリサイズしてくれるウェブアルバムを利用するのが手っ取りのでは?」
と言うテストも兼ねて、googleのpicasaウェブアルバムに
高解像度(長辺1600ピクセル)画像をアップしてみました。
「カスミン」コンペ用サンプル(3ページ)/田川滋

1ページ単位の表示画面で虫メガネアイコンをクリックすると
アップロードした解像度のままで見る事が出来ます。
漫画として流して読むには
「スライドショー」を開始してすぐに一時停止させ、
手動でページを送る…と言うのがおススメなんですが
やはりちょっとややこしいですかねえ。
元々写真を見るためのシステムですし。

アルバムページのレイアウトももうちょっとカスタマイズ出来ると良いんですが。
posted by 田川滋 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

楽天イーグルス・球場のチラシ(2005年)

2005年に描いたものです。球場周辺で配るためのチラシで、画像はチラシをスキャンしたもの。
球場は人に頼んで描いて貰いました(汗。
rakutenstudium-chiirashi.jpg
今は球場の名前が違うんでしたっけ?(^^;

ネットで見られる最近の作品」から
ティーエスワンカプセル適正使用物語」が漏れていたので過去記事を修正しました。
posted by 田川滋 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年05月31日

FBIのヒミツ〜「ヘミングウェイ死の真相」

hemingway-t01.jpg
闇に生まれ闇に消える、それがコンビニ描き下ろしアンソロジー漫画の定め(?)。
このところ自分もちょこちょこ注文を頂いたりするので
描いたりしています。
まあ全体に内容がアレな物が多い訳ですが(^^;
ある種の「いかがわしさ」は漫画の本来的な活力の源でも有るはずで…と。

個人的には、仕事としての条件はともかくとして、
まず描く機会の無かったようなジャンルを次々と描かせて頂く事が出来ると言う意味で
ある種面白がりながらの作業になるのは抗えないところです。

最も最近の発売だったのが「FBIのヒミツ」(イーストプレス)。
巻末ですが「ヘミングウェイ死の真相」の作画を担当しています。
しかしヒミツって(^^;。「ひみつ」だと学習漫画になっちゃいますが。
hemingway-t04.jpg

hemingway-t09.jpg

内容の一部は…何と言うかフィクションに近いものですが
映画ならセルジオ・レオーネやロバート・アルドリッチ、
漫画なら望月三起也先生が描いたら面白そうだなあ…と言う内容で
楽しく描かせて頂いてしまいました。

ただ今回は、時々有ることですが
セリフやナレーションが、原作シナリオをアレンジした当方のネームから
まただいぶ変更されてまして、う〜〜ん。

これを描くに当たってスペイン内戦やキューバ革命の事などちょこっと調べると、
フランコとカストロ、どちらも独裁政権でありながら「倒れなかった」点で
共通している事に思い当たります。

相当昔にジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」を読みましたが
確か終盤に「この国(スペイン)では、ファシズムでさえ耐えられるものになるかも知れない」
…と言った主人公オーウェルの台詞が有った気がします。

人間が生きるためにギリギリの所で必要なのはイデオロギーではなく…
「ラテンで有る事」?

#湯浅政明監督のアニメ「カイバ」がツボな予感なので
試しにブログパーツを設置してみました。
ウチではWOWWOW映らないんですが(^^;。
posted by 田川滋 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)

2008年05月30日

ネットで見られる最近の作品(2009年9月まとめ)

最近の仕事の内、企画・PR系のものはネットにサンプルや作品全体が置かれる事も多くなっています。
●学研 まんでよくわかるシリーズ 表紙と見開きサンプル
(企業がスポンサーとなって制作、学校・図書館に寄贈されているもので、"ひみつシリーズ"とは別のものです)
チョコレートのひみつ
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/004/index.html
デジタルカメラのひみつ
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/010/index.html
銀行のひみつ
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/030/index.html

●読売子どもニュースウィークリー・イラスト
(読売新聞毎週土曜夕刊に掲載。
今のところ8回に1回程度のペースで担当しています)

小5から英語を必修に? http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20060415ya01.htm
サッカーW杯ドイツ大会
ttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20060603ya01.htm
平成18年7月豪雨
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20060805ya01.htm
太陽系惑星から外された冥王星 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20060905ya01.htm
「法テラス」スタート
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20061021ya01.htm
マグロ漁獲制限
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20061209ya01.htm
3万人都心を走った 東京マラソン http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20070224ya01.htm
原発では「臨界事故」まで 発電所トラブル隠し http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20070407ya01.htm
ぜんそく原因責任問う・東京大気汚染訴訟 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20070623ya01.htm
エアコン一斉使用が原因・夏の電力不足 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20070804ya01.htm
新しい首相選びに直結・自民党総裁選 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20070922ya01.htm
日本 理数系も落ち込む世界の15歳学力調査 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20071208ya01.htm
「商業目的」と反対グループ調査捕鯨妨害行為 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20080126ya01.htm
セルビア国内で民族対立「コソボ」独立宣言 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20080301ya01.htm
度重なる米兵の事件 横須賀の運転手殺害 (2009年9月現在、サイトに記事なし)http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20080414-OYT8T00348.htm

新作水着LZR (2008年6月掲載 サイトに記事なし)
産科医に無罪判決 (2008年8月掲載 サイトに記事なし)

人種の壁越え黒人初 米大統領にオバマ氏
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20081111-OYT8T00348.htm
「ゆとり教育」見直す 高校の新学習指導要領案
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20090113-OYT8T00493.htm
日本映画の魅力再認識 米アカデミー賞受賞
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20090308-OYT8T00522.htm
世界が警戒 国内初確認 新型インフルエンザ感染
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20090512-OYT8T00594.htm
唯一の被爆国 経験に期待 IAEA事務局長に日本人
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/weekly/20090714-OYT8T00667.htm


●リフォームのナカヤマ PR漫画
(リフォーム会社のPR漫画(モノクロ)。PDFで作品全体を読める様になっています)

「エコウォール・ハレル家誕生物語」 http://www.nkym.co.jp/eco_wall.pdf
「ナカヤマ創業物語」 http://www.nkym.co.jp/manga2.pdf

●TS-1総合情報サイト-「ティーエスワンカプセル適正使用物語」
http://ts-1.taiho.co.jp/
(ページのメニューから「ティーエスワンカプセル適正使用物語」をクリックして下さい)
医療関係者向けの、抗がん剤の適正使用についてのFLASHコンテンツ(音声付き)です。
元々紙のパンフレット用に描いたカラー原稿を修正して使用しています。

posted by 田川滋 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を描く(仕事)